株式会社ライブ(花田誉之章)の金活プロジェクトprojectが稼げるらしい

稼ぐ仕組みを知って賢く稼ぐ!

未分類

事業者の信頼性の高さを伝えることが、せどりや転売の個人ビジネスでも大切なポイント

投稿日:

通信販売を行う業者は、消費者に対する信頼性の証明のために「特商法に基づく表記」の記載が必要です。
この法律には、詐欺業者などから消費者を保護し、安全な商取引を実現する趣旨があります。
特にインターネット取引で大きな課題になるのが、詐欺に遭うリスクです。
対面取引ではないため、業者側の顔が見えにくいことが要因になっています。
インターネットを利用してせどりや転売ビジネスを行うことは、明確に通信販売を行っている状態です。
たとえ副業や個人が行う場合であっても、特商法の規定をよく理解しておく必要があります。
特商法を守っていない場合は、詐欺業者と思われるリスクがあります。
口コミで悪い評価が多くなれば、そのような相手先から物を購入する人は少なくなります。
個人的な小規模ビジネスでも、法律の規定を遵守していることで消費者に安心感を与え、場合によってはレビューや口コミで高評価を得ることもできます。
一時的な副業であっても、継続的に物を売る場合はビジネス展開していると判断され、特商法の対象になります。
特商法に基づく表記で記載が必要な項目には、様々なものがあります。
事業者名、代表者氏名、事業所の住所、電話番号、メールアドレス、商品価格、手数料、支払い方法、引渡し時期、 返品や返品方法などの記載です。
個人の転売ビジネスでは個人名で行っているケースが多く、その場合は事業者名と代表者氏名は同じです。
他サイトの特商法に基づく表記の内容も参考にして作れば、スムーズに完成します。
せどりや転売ビジネスの特徴は、実際の商品をやり取りすることです。
そのため、転売を行う側は商品管理をしっかり行い、傷をつけるようなことがないようにする必要があります。
売れる商品を仕入れ、より高値で販売する流れが転売の特徴です。
そのサイクルを作り上げることができれば、ネットビジネスとして成功を収める希望が持てます。
どの程度の規模で行うかにもよりますが、ビジネスが本格的になれば、多くの在庫を抱える可能性があります。
在庫を置くスペースを十分に確保しておくことが大切です。
売れない商品を抱え続けることは、購入費用だけかかっている状態であり、損失が続いている状態になります。
長期間売れない商品は見切りをつけ、購入価格より安くなっても早く売却し、損失の程度を抑える臨機応変さも必要です。
新しく売れる商品を購入する意味でも、資金の確保は大切な部分です。
最初は小規模な副業で転売ビジネスの流れをつかみ、軌道に乗れば徐々に仕入れる商品や種類を多くしていくことで、利益拡大を狙っていくことができます。

-未分類

Copyright© 稼ぐ仕組みを知って賢く稼ぐ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.