株式会社ライブ(花田誉之章)の金活プロジェクトprojectが稼げるらしい

稼ぐ仕組みを知って賢く稼ぐ!

未分類

検索者を意識した記事の書き方

投稿日:

アフィリエイトで成果を出すためには、検索者によるアクセス数を増やすことです。多くの検索者がサイトを訪問すれば、訪れた検索者が何らかの行動を起こしてくれる可能性があります。また、読者になって定期的にサイトを訪問してくれる可能性も出てきます。
検索者を増やすためには、記事の書き方にコツがあります。

●「検索者」とは
検索者に似た言葉に読者がありますが、検索者と読者は少し違います。
検索者は、特定のキーワードを使って検索をし、あなたのサイトを見つけて訪問をした人です。あなたのサイトを訪れるのは初めてです。
読者はすでにあなたのサイトを知っていて、何度もサイトを訪れたことがある人です。
検索者は何らかの目的を持ってあなたのサイトを訪れてくれていて、満足させることができれば読者になってくれる可能性があります。

●悩み解決型のコンテンツ
検索者は目的を持ってキーワード検索をし、訪れたサイトから情報を得て問題を解決したいと考えています。
「シワが目立つ」という悩みを抱えているなら、「シワ 改善」「シワ 美容液」などのキーワードで検索することが予想されます。「薄毛が気になる」という悩みを抱えているなら、「薄毛 シャンプー」「薄毛 育毛剤」などのキーワードで検索することが予想されます。
予想されるキーワードを使ってSEO対策を意識した記事を作ることで、アクセス数が増えることが期待できます。
検索者の悩みを解決するような商品を紹介すれば、商品購入に至る可能性があります。

●問題解決+α
検索者が知りたいことは、問題の解決だけではありません。シワが気になる悩みを抱えている人が知りたいことは、シワを改善する方法だけではないということです。
シワの悩みを抱えている人は、シワの原因やシワの予防方法など、多くの情報を得たいと考えています。
検索者を満足させるためには、より多くの情報を提供することが重要です。「シワ 美容液」のキーワードで検索されることを想定して記事を書くだけでは、不十分なのです。
読者が何を求めているのか考えて、+αの情報を提供することがアフィリエイト成功につなげるコツです。

●必要な情報を見つけやすくする
検索者は必要な情報を求めているので、その情報を見つけやすくしてあげます。見つけにくいようでは、検索者がサイトからすぐに離れて行ってしまう可能性があります。
カテゴリ分けする、内部リンクを貼る、文字ばかりでなく小見出しを入れるなどすると、情報を見つけやすくなります。

-未分類

Copyright© 稼ぐ仕組みを知って賢く稼ぐ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.